借金 返済 弁護士 過払い金

過払い金の問題とは

以前、頻繁に「過払い金の返還請求」についてのテレビコマーシャルを見かけました。
過払い金問題って、一体何だったのでしょうか?

 

日本ではすこし前まで、貸金業者が利息の根拠として提示していたものが2種類存在していました。
それが出資法と利息制限法です。

 

この2つの法律で利息の上限が異なっており、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%だったのです。

 

ここに大きな問題があったのです。
※利息制限法の金利は借りた金額によって利息が異なるので、15〜20%としています。

 

ということは出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では、9.2〜14.2%の差があることがわかります。

 

この差をグレーゾーンと呼び、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないという、非常におかしな状況だったのです。

 

貸金業者の中でも特にサラ金業者は金利29・2%で貸付を行っていたわけです。
借りた人からすると30%近い金利のせいで、返しても返しても借金が減らないという状況です。

 

しかし平成18年、この矛盾を解消してグレーゾーンを撤廃することが最高裁で決められました。
そして過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように言い渡されたのが、過払い金請求なのです。

 

貸金業者にとっては寝耳に水の状況です。これにより大手の貸金業者が倒産に追い込まれ、当時大変な事件として報道されました。

 

しかし過払い金請求にも時効があり、 最後に返済取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなるのです。
だから一時期よりもコマーシャルが減ってしまったわけです。